【五月病】うつの兆候・予防と克服法、うつ感情を修正する方法

4月22日放送の『世界一受けたい授業【うつの10の兆候…芸能人うつ克服体験者(秘)解説】』にて、うつ病特集をやっていました。

5月はうつ病が増えるそうなので、番組の内容に加え

最近みつけた「うつ感情の修正法」などをご紹介します(^o^)

スポンサーリンク

うつになった243人に聞いた10の兆候

まず先日の番組内容から。

うつの10の兆候を紹介していました。

①不眠

②ぐったり疲れる

③朝の頭痛

④悲しい気持ちが一日中続く

⑤気力がわかない

⑥本や新聞・テレビを見ない

⑦死にたいと思う

⑧動作が鈍くなる

⑨家事や仕事ができなくなる

⑩自分のダメなところばかりを考えてしまう

これらの状態が3週間以上続くと鬱病を疑うべきでしょう。

ただ私みたいに不眠や食欲不振、頭痛(偏頭痛を克服して以来消えた)がなく、

⑥とは逆にテレビ、ネット、スマホに依存しまくり、夜には元気になる鬱もあります(笑)

人によっては過眠もありますしね、いくらでも寝ちゃう、いくら寝ても眠いとか。

なので上記が全部あてはまらなくても気を付けた方がいいと思います。

うつの予防法と克服法

続いて番組では予防法と克服法も紹介されてました。

予防法は

朝起きた時に自分を褒めるというもの。

「自分が大好き。最高」と強く思う、紙に書くなど。

自尊心を上げるためのメソッドですね。


次に、うつから抜け出せた著名人たちの克服法を紹介しておりました。

こちらの「うつぬけ」という本に、鬱を克服した方達の話が載ってます。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

・直木賞作家 熊谷達也さんの場合

→ 仕事をやめうつ抜けした

・ミュージシャン 大槻ケンヂさんの場合

→ 日記を書くなどして自分をありのまま受け止める※森田療法で抜けた

森田療法(もりたりょうほう)とは、1919年(大正8年)に森田正馬により創始された(森田)神経質に対する精神療法。(森田)神経質は神経衰弱、神経症、不安障害と重なる部分が大きい。また近年はうつ病などの疾患に対して適用されることもある。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/森田療法

・お笑い芸人 ノンスタ 石田明さんの場合

先輩芸人も鬱になったと聞いて誰でもなると知ってから、人に話せるようになり抜けられた

なるほど、誰でもなってるんですねー。自分だけじゃないと思うと結構気が楽になります。


そして番組では、自律神経失調症からふくらはぎが冷えて硬くなるのも「うつ症状の一つ」ということで、

図の様に足を組むようにして座り、ふくらはぎを反対の足の膝の上に置いて

上下に滑らせ5回ずつこすり、左右のふくらはぎをほぐす運動を推奨してました。

これ気持ちいいですねw^^寝る前が効果的だそうです。

最後に、自分は鬱になってることを認め、自覚するのが大事とおっしゃってましたね。

確かに言えないんだなぁ、恥ずかしいとか負けた気がして。自分がまさか…という気持ちもあるし。

でも自分で認めてあげて人に打ち明けることができれば、変わる事が多いはず。

うつは誰でもなってしまう病気だし、弱いわけでも恥ずかしい事でもないので

どうぞ1人で悩まないで下さいね。

番組の内容紹介は以上でした。(簡単ですみません^^;)

次ページでは、鬱っぽいときの落ち込み感情を切り替えるメソッドをご紹介します(^o^)

次ページへ続きます

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. isakuya より:

    自分の病気を知ることが、克服の第一歩。参考になります