長年苦しんだ片頭痛が簡単に治りました!④病院の検査結果は…?

前回からの続きになります(前回→③発作、閃輝暗点について

今回は、やっと病院へ行き検査をしてもらい、偏頭痛の薬をもらった

一連の流れを描いてみます。

スポンサーリンク

病院へ検査に行く

頭の病気って怖くて足が向きにくいものですが、さすがに毎週悩まされると行かざるを得なくなりました。。。

でも30歳といういい歳にも関わらず一人では行く勇気が出なかったので、母に付き添ってもらいつつ地元の脳神経外科へ。

(来院の前日にも偏頭痛になり寝込みました;)

病院では即MRIを撮りました。

結構長かったような・・・20分くらい?

音楽が一応頭の上のスピーカーから流れてましたが、トンカントンカンうるさくてあまり聞こえないし、それらが気になって眠ることもできず、ひたすら瞑想してました(笑)

やや閉所恐怖症気味なので、考えないようにして目をつぶっていたんですけどね。やっぱちょっとこわい。

でも思ったより早く検査結果が出て呼ばれました。

ひいいいいい!!!!

めっちゃ恥ずかしーーーーー!!

30歳とはいえ一応うら若き乙女のつもりだったのに、蓄膿症を連発されたこの気持ち…!

しかも蓄膿のせいで偏頭痛になってるのかもって、

「あんたねぇ、30歳なんだから早く治療しなさい?」って!ううう…

この日初めてお酒を飲みました…(下戸だけど)

でも異常なしでよかった!

イミグランという、膨張した血管を縮めて神経に当たらなくする薬と、

肩こりのせいもあるかもってことで、肩こりを緩和させる薬をもらい帰宅。

(つーか偏頭痛の原因が分からないって先生あーた…)

(久しぶり!元気?とか言える人ではない私です…)

このときなぜか病院で肩こりの薬を飲んでしまったもんで、帰りに友達の家に行ったらボーーっとしてまともに話せず困ってしまいました。。。

このとき私は薬や麻酔が人の2~3倍効きやすいことをまだ知らず、後々偏頭痛薬でエライ目にあってしまうのです…;

次回は職場で偏頭痛が起こり、いよいよ薬を試してみる話です!

素直に耳鼻科にもすぐ通いましたよ~ ٩( ”ω” )و

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事