誤嚥(ごえん)の原因と母が病院でアドバイスされた5つの誤嚥改善法

健康対策

2、誤嚥しないためのトレーニング

 

こちらでは

✥ のどの筋肉を鍛える運動

✥ 気をつける動作

を合わせて5つ紹介していきます。

 

まずは運動から、どうぞ~

 

 2-1 のどの筋肉を鍛える3つの運動

 

コップの水をストローでブクブクする

 

コップやペットボトルの水を、できるだけ長く優しくストローで吹くというもの。

 

 

これは吹奏楽をやってる人は、のどの筋肉が鍛えられて誤嚥しにくいそうで、その応用なんだとか。

 

私も吹奏楽をやっていたので分かりますが、確かに相~~当鍛えられます(;´∀`)

肺活量も上がります!

 

なのでブクブク以外にも、縦笛、ピアニカ、ハーモニカ等の楽器を使うのも楽しくて良さそうですよね。

 

竹笛も下を向くのでいいかも♫

 

カコ
カコ

口笛も長~く吹けばいいトレーニングになりそう♫

 

この他にも、

これらも有効だそうです。

 

 

また、特に楽しそうに感じたのは

 

カラオケや合唱

 

歌う事~~!🎶

 

 

嚥下と発声はほぼ同じ筋肉を使っているので鍛えられるそうです。

高低差が多い曲がオススメですって🎤

 

鼻歌も良さそうですね、歌がお好きな方は是非~♫

 

カコ
カコ

毎日鼻歌と口笛でのどを鍛えるぞ~(笑)

 

 

続いてこんな変わった鍛え方が~

 

首上げ

 

 

 

※頸椎症など首の疾患、高血圧症の人は行ってはいけないそうです

 

母はできる範囲で好きなだけと言ってましたが、調べるとこれ

5~10回を2~3セット!うそ…

 

めっちゃキツくて10秒くらいが限界なのでそんなの無理っす~(;´・ω・)

 

なので私はいつもやってる腹筋でも良いかな~と感じたりしました。

5秒くらい静止します。

肩が浮いてるからあまりのどには効かないのかなぁ(~_~;)

 

「首上げ」も腹筋が鍛えられるようですから、テレビとか観ながら無理せず適度にやろうと思いました^^

スポンサーリンク

 

 2-2 誤嚥防止の2つの動作

 

続いて、母が教わった中で特に気を付けている2つの動作です。

 

咀嚼しながら会話したり、笑ったりしない

 

これ基本ですね~

母はお喋りで早食い、せっかち、そしてすぐ笑うので、誤嚥しやすいのも頷けます…(;^ω^)

 

なので誰かと食事やお茶をするときは、

 

🍴 必ず飲み込んでしまってから話すこと

🍴 口に含む量を少なくして、ゆっくり食べること

 

これらを心がける様言われたそうです。

(相手のことも食べてる途中で笑わせたり、返答を急がせないよう気を配るべきかもしれませんね)

 

 

また、お水を飲む一口目は「のどのフタ」が準備できていないため、間に合わず誤嚥しやすいとのこと…!

 

 

そのため最初の一口目だけは、必ず一旦口に含んで、のどのフタが準備できてからゆっくり飲み込むと良いそうです。

 

 

年を重ねると二つの事が同時に出来なくなってくるので

噛む・飲み込む・話す作業もそれぞれに集中しなければならないんですね。

自分も気を付けなくちゃ💦

 

 

そして2つめの動作は、

 

飲みこむ時は必ずあごを引く

 

右のようにあごを引いて飲むと、誤嚥しにくくなるんだとか。

あごを上げて飲むと、のどが開いて危険なんだそうですよ、知りませんでした;

 

 

でも考えたらストローで飲む物や、温かい飲み物は下を向いたままでも飲み込めますもんね。

わざわざ顔を上げて飲む必要はないんだなぁと納得。

 

 

誤嚥しやすい方は、すする、吸うを徹底して

ペットボトルや缶ジュースも普段からストローを使う方が予防になるかも知れませんね。

 

 

また、薬を飲む時に上を向く人も気を付けた方が良いそうです。

そのままだと錠剤が飲み込めない方は細かく砕いたり、服薬ゼリーを使いましょう。

誤嚥が酷い方は、液体に少しトロミを付けるのも手だそう)

 

 

私も早速あごを引いて飲んでます(笑)☕

あごを引くと姿勢も良くなるし、顔の引き締め効果もあって良いですね(*^-^*)

 

次ページでは寝ている時に気をつけることなどを紹介しています。

 

次ページへ続きます

健康対策
スポンサーリンク
管理人をフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事もおすすめ



カコの巣

お気軽に一言お願いします。 ※コメントは承認制となっております。