【後頭神経痛】痛みの原因と対策!私は歩くことで治りました

健康対策

3、歩けば治ると気付いたきっかけ

 

 

カコ
カコ

歩く・・・!?

 

そこに気付いたのは数年前。

初めて酷い後頭神経痛になった時でした。

 

 

すでに結構痛かったのですが頭を押さえながら仕事を上げました。

すると・・・

 

 

上に書いたマッサージやら温熱法やらを色々やってみたのですが、とにかく効きません!

 

この頃は薬はメチコバールだけをせっせと摂っておりましたが全然ダメでしたから

夫に一月二日の朝、

 

いい大人が新年早々(笑)最悪のお正月です(;´∀`)

過去に三回後頭神経痛で泣いてますが、神経の痛みにはやはり敵いませんぜ…

 

そこで仕方なく一月二日の午後のこと

 

 

そのまま初詣行って帰ってきたんですけど、すっかり治っていたという(笑)

あれだけ色々やっても全く効果がなかったのに、歩いただけで?何だったの?と不思議でした。

 

 

その後に知ったのですが、

 

頭部神経痛は運動不足が原因なんだそうです

 

そのため歩くことで姿勢と血流が良くなり、筋肉の圧迫が緩んで治るとのこと!

 

カコ
カコ

なんてこった…!

ただの運動不足だったんか~

 

体調悪いと安静にしようとしますが、後頭神経痛は逆だったのです;;

 

しかし運動が良いとはいえ、ジョギングやダンスなどの激しい運動だと心拍数が上がり過ぎるのか、逆に痛みがぶり返しますのでご注意を💦

 

そして、

病気やケガが原因の場合は歩くのは控えて下さいね。

 

詳しくはこちら

頭がピリピリと痛い「後頭神経痛」…それって怖い病気のサインかも?
前回はストレス性の「後頭神経痛」の治し方について紹介しましたが ...

 

個人差があるかもしれませんが、どうしようもない時は試して頂くのも手かもしれません!

スポンサーリンク

 

 3-1 頭部神経痛になったらやること・まとめ

 

あくまで私の場合ですが、まとめますと

 

1~2時間歩く
すぐに歩けない時は・・・初期はロキソニン、中期はデパス(エチゾラム)を飲む
ビタミンB12を多めに飲む(私の場合なので適量を守られて下さい)

 

そして深夜・早朝の睡眠時に痛くなったら

 

背筋を延ばして正座、まっすぐ立つなど、痛くない姿勢を探して凌ぐ

 

同じ姿勢のまま長時間眠る事でも後頭神経痛は起こるので、寝ている時も安心できません(>_<)

 

私は起きて姿勢を良くしていると30分~1時間くらいで痛みが消えて再び眠りにつけます。

寝起きは無理して歩く事はしておりません^^;

 

 

泣くのも効果的!?

おそらく泣く事でストレス解消・血流アップ・筋肉が緩むためか、どんなに酷い時でも泣いた後に歩くと一瞬で治り、ぶり返しませんね(;´∀`)

 

 

こんなカンジで私はいつも病院に行く手前で乗り越えられております…!

 

 

ちなみに病院は、

神経内科・脳神経外科・ペインクリニック

になります。

 

専門医じゃない場合は毎日やってませんのでお気を付け下さい。

私のように日中は痛みが消えて夜や早朝に痛くなるケースもあるので、病院へ行くタイミングって難しいですね(^^;)

 

そもそも長時間同じ姿勢で作業しなければいいだけなんですが…(笑)

 

こんな私の改善法が、少しでも参考になれば幸いです(;´∀`)

 

 

さて、長々と書いてきましたが

後頭神経痛は女性患者が多く、年齢が上がるほどなりやすいそうです;

 

私も運動不足とストレス解消に努め、体力を付けて免疫を上げるようにしなきゃ~><;

 

以上、ちょっとマニアックな後頭神経痛のお話でした^^

健康対策
スポンサーリンク
管理人をフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事もおすすめ



カコの巣

お気軽に一言お願いします。 ※コメントは承認制となっております。