初めての大衆演劇にカルチャーショックを受ける/後編

日常マンガ

前回の続きになります。

前回

初めての大衆演劇にカルチャーショックを受ける/前編
少し前ですが、夫と義父母と四人で旅行へ行きました。 日光...

 

後編まで引っ張る意味が果たしてあるのか謎ですが、

引き続き大衆演劇の魅力に迫りたいと思います~(笑)

 

※絵が多いので重いかもしれませんがご了承ください。

スポンサーリンク

 

癖のあるDJ

 

ところで、踊りの途中で変な掛け声がマイクで入るのがとても気になりました。

 

それもなぜか・・・

 

 

お客さんの掛け声も分からないと前回書きましたが、

音割れとDJ口調でこれもちんぷんかんぷんなのです…

 

 

 

これが伝統芸能・・・いつからどうしてこうなったのかが、ほんとに謎!;;

 

 

でも馴れてくると、やっと聞き取れる時が来るのですが・・・

 

 

やはり意味がわからず。。。

 

そしてとなりのカメラを持ってた女性がやたら高~い声で叫びまくります!

 

 

まっっったく分からーん!!

私の耳がおかしいのでしょうか…?

 

 

それでも最後の方でやーっとやっと

名前だと理解できたのです~!!!

 

 

ですよね~名前以外を呼ぶ訳がない。

 

 

そもそもカヅキがいない。夫にも耳を疑われました。

う~~~ん・・・

 

 

こうして掛け声がまともに聞き取れぬまま終わった私ですが、

 

 

そう教えてくれました。

 

 

 

大衆演劇の動画を観るとどこの劇団でも掛け声はやってるようですが、

ここのはかなりクセがあって全然聞き取れなかった(笑)

 

後半からフィナーレへ

 

話は舞台に戻ります~

後半になると少し舞台の形態に変化が出てきて、

 

 

なんで歌一曲だけ…?

ちなみに前回のおじいさんやおばあさんも後半でした(笑)

 

そして

 

 

ファンにはたまらんのでしょうが、ますますビクビクです!;

なぜか旅装束が一番怖かった…

 

 

しかしまぁこうして濃密な時間はあっという間に過ぎ、

やっとこフィナーレに。(ほっ)

 

フィナーレは・・・

 

 

ここでは人気役者ばかりが踊ってたようです。

若いイケメン達が舞うのは目の保養ではあるのですが、せめてメイク落としてくれたらなぁ…どうしても怖い…

 

でもこうして、めちゃくちゃ釘付けにされた一時間のショーは終了に。

 

うう~ん、どう言えばいいのか…この感じ!

えも言われぬカルチャーショックに苛まれ、余韻にクラクラしっぱなし!!

 

まぁ一生に一度でも観ておけて良かったと思います・・・(笑)

 

しかしまだ終わらなかった

 

で、大広間を後にした私たち。

 

 

なんと!ついさっきまで舞っていた皆さんが、花道を作り

お客さんを見送りに出てきてるではありませんかああああ!

 

すっごーい

まさに会いに行けるアイドル・・・!

 

※ここでもおじいさんはいません

(おばあさんは受付みたいなとこにちょこんと座ってた)

 

 

でも待って!

と!!通れない・・・!!!!

 

私がたじろいでいると、

 

 

別に普通に話してみたらいいのに、変なとこがツンデレ?なわし。

 

すると義母を見失ってしまった…(自販機に行ったと思ったらいなかった)

 

あれ~?

夫と二人で探したのですが、私は

 

 

ほんとに怖いし困るんですよね…;どうしてあんなに怖いのか…

 

まぁ義母は先にお風呂に行ったんだろうということで

(ほんとに行ってたマイペースな義母。笑)

夫とひとまず椅子に座って、花道をチラ見しつつ感想を話しておりました。

 

 

突然隣から話かけられました。

見ると、

 

 

銭湯なのによく分からない出で立ちの初老の女性が…

 

 

多分、追っかけが過激すぎて出禁になったものの諦めきれず

変装してまで様子を見に来ているファンの方ではないかと想像・・・(笑)

 

 

こんな感じで、私の憧れの銭湯でのステージは幕を下ろしたのでありました。

 

いや~~すごい世界を観てしまいました~。

まだご覧になられてないお方は是非一度、あの独特な世界を、ご堪能あ・そ・ば・せ♪

日常マンガ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事もおすすめ



カコの巣

お気軽に一言お願いします。 ※コメントは承認制となっております。