【睡眠負債】睡眠不足の恐ろしいリスクがスタンフォード大の研究で明らかに!

2017年7月25日放送の「林修の今でしょ!講座【最新研究で判明「睡眠負債」を徹底解明SP!】」にて、

睡眠不足について興味深い内容を放送していましたのでご紹介させていただきます^^

スポンサーリンク

睡眠負債

人に必要な睡眠時間は7~9時間とされていますが、現代人は5~6時間ほどなので慢性的に誰もが睡眠不足を抱えているそうです。

それらが解消されずに蓄積された状態を【睡眠負債】と呼ぶらしく、

番組ではアメリカスタンフォード大学の「睡眠生体リズム研究所」所長・西野精治先生が解説されていました。

この睡眠負債は自然に解消されるものではなく、寝だめをしても返済できないとのことでして、

(昼寝は1時間未満なら効果的だそうですが、1時間以上すると認知症リスクが二倍になり逆効果だとか。ご注意を)

この負債をそのままにしていると、重篤な病気の原因になるという研究結果まで出たそうです…(;゚Д゚)

こちらをご覧ください。

睡眠時間と疾患リスク

睡眠時間が7時間未満だと認知症リスクが1.6倍

アルツハイマー型認知症の原因物質「アミロイドβ」を蓄積させてしまうためだそう。

睡眠中は脳に溜まったゴミを掃除してる状態なのですが、睡眠時間が少ないと清掃が行き届かず、このゴミが認知症の原因に…

睡眠時間が5時間未満だと風邪になるリスクが4.5倍

睡眠時間が6時間未満だと乳がん、前立腺がんのリスクが1.4倍

※しかしがんができやすい時間帯が深夜0~5時なので、この時間帯に眠っているとリンパ球が活性化され、がん細胞ができても除去される場合が多いそうです。

睡眠時間が5時間未満だと糖尿病リスクが2倍

睡眠中はホルモンバランスが調整されるので、寝不足になると血糖値を下げるホルモン「インスリン」の分泌が低下するためだそう。

睡眠時間が短いと太りやすくなる

食欲制御ホルモンである「レプチン」が減少し、食欲増進剤である「グレリン」が増大するため、食べ過ぎてしまうんですって^^;

なるほど、妙に納得!(ll゚◇゚ll)

うちの夫は鍛えていたり気をつけていても風邪やノロ、インフルエンザになりやすく、

私は無頓着なのにウイルス系にあまりかからないのが不思議だったんですよね;

私はロングスリーパーで毎日9時間以上は寝ていて、

夫は昔から不眠気味で物音で起きやすく、一度起きると眠れません;

このせいだったのでしょうか?

そして睡眠不足と糖尿病が関係あるとは驚きました💦

(病院の先生の話だと血糖値が高い人は風邪にもかかりやすいそうです)

睡眠、あなどれませんね(´ヘ`;)ウーム…

しかし夫のように不眠気味、あるいは忙しくて長時間られないよ~という方もおられるでしょうし、どうすればよいのでしょう;

黄金の90分を大切にする

スヤァ…

番組では、眠り始めの90分間

黄金の90分を深くしっかり眠ることが最も大切だと紹介していました。

逆にいくら長時間眠っていても、この黄金の90分がしっかりしていないと睡眠の質が落ちてしまうそうです。

では質を高める方法を見てみましょう^^

睡眠の質を高める方法

 ・・・太陽光を浴びて手足を冷やす

 太陽光を浴びることで体内時計がリセットされる

 手足を冷やすことで眠気が吹き飛び夜によく眠れるようになる

夕方 ・・・15分程度の散歩をする

 夕方の軽い運動が夜の体が休みやすい状態を作る

 激しい運動は脳が興奮するので逆効果

 ・・・ 眠る90分前に入浴する

 体温が丁度良く下がり自然に睡眠へ導入できる(入浴できない時は、足湯でも可)

・ 室温を調整をする

 夏は26度以下、冬は16~19度が良いそうです

・ 眠る一時間前にはスマホやTVをやめる

 コンビニなどもNGで、強い光を避け、暗めの暖色系の明かりだけにすると眠りに入りやすくなるそう

ちなみに「ホットミルク」は、効果が出るまで15時間かかるとのことで意味がないそうです;
むしろ冷たい飲み物の方が内部の体温が下がるため質のよい睡眠が得られやすいとか。

びっくりですね(;”∀”)

そして、毎日同じ時間に寝ることと、なるべく7時間以上のまとまった睡眠をとることが、

免疫を上げ老廃物を除去し、病気をふせぐ結果につながるそうですよ。

もちろん美容にもいいですね(^^♪

睡眠負債をチャラにすべく、うちも夫にやってもらおうと思います~

皆さんもご一緒にロングスリープの旅へ参りましょう~(‘、3[____]ぐーぐー

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事