誤嚥(ごえん)の原因と母が病院でアドバイスされた5つの誤嚥改善法

健康対策

今回は、先日母に聞いた誤嚥(ごえん)の改善法を紹介しようと思います。

 

カコ
カコ

まだまだ誤嚥なんて先の話…

と思ってましたが自分もたまになるし、フォロワーさんにもなる方がいらっしゃると知り、早いうちに気を付けた方が良いと思い書いてみました。

 

のどの筋力は40代から衰え始めるそうですから他人事ではありません^^;

スポンサーリンク

 

1、誤嚥(ごえん)とは

 

 

他の事に気を取られて、飲み物が変なところに入り咳が止まらなくなる…

こんな経験は誰しもあると思います。

 

人前でなると困ります…

 

 

なぜ誤嚥してしまうのかというと、

呼吸する時と飲み込む時は、のどの「フタ」が閉じたり開いたりしているのですが

この、のどの「フタ」の動きが悪くなると気管に入り誤嚥してしまうのですね。

 

 

元気な人なら咳き込むことで外に出せる場合が多いのですが、

怖いのは誤嚥の最大のリスクであるこの2つ!

 

 窒 息
 肺 炎

 

∑(´゜Д゜;ノ)ノ ヒェェェエエ!!!

命を脅かす危険な症状じゃないですか…!💦

 

特に窒息は、

お正月に餅を喉に詰まらせるお年寄りを始め

こんにゃくゼリーや飴玉を詰まらせる子供のケース、

泥酔した大人の嘔吐による窒息…など、

年齢に関係ない最も危険な誤嚥だそうです。

 

喉が詰まったら

 ★ 無理矢理せきを何度かしてみる

 ★ 詰まってる人に下を向かせて、背中(肩甲骨の間)を強く4~5回叩く

 ★ 詰まってる人の後ろから肋骨の下辺りに手を回し、手をグーにして組んで横隔膜を持ち上げるように圧迫する(あばら骨は圧迫しない様に)

 

 

そして肺炎ですが日本人の死因のトップであり、

7割は誤嚥による肺炎とのこと!ひー!

高齢者の病気に思われがちですが、若い人でも眠っている間に誤嚥性肺炎になるそうですよ!

 

 

ごえん…身近に潜む恐ろしい症状だったのか…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 1-1 誤嚥が起こる原因

 

そして誤嚥を引き起こす身体的な原因がこちらになります。

 

・のどの筋肉の衰え(高齢・病気・絶食後など)

・神経・筋肉の病気

・のどの腫瘍

・脳梗塞などでうまく飲み込めなくなる障害

 

 

色々あるんですね。

今回はのどの筋肉の衰えについて書きますね。

 

 

40代から弱ってくると冒頭で紹介しましたが、

下記の症状がある人はのどの筋肉が衰えてきているサインだそう💦

 

☞ 食事中にムセる

☞ 錠剤が飲み込みにくくなる

☞ 自分の唾液で咳込む

☞ 痰が絡まりやすくなる

 

 

カコ
カコ

はぁ…あります、ありますとも…

 

しかも飲み込む力が弱くなり誤嚥がクセになってしまうと、大袈裟ではなく寿命もかなり縮むとのこと…

 

⚡ ムセるのが嫌で水分を摂らなくなる

⚡ 食事の量が減って体力や免疫が落ちる

⚡ 食事が楽しめなくなり生きる喜びが減少する

 

Σ(゚д゚lll)ガーン

 

だからしっかり鍛えていかないといけません~!💨

 

 

ここで長年困っていた母が病院で教わった誤嚥改善法を見て行きましょう✨

ずっと先の話だと思わず、今からお互いに気をつけて参りましょうぞ~!

 

٩( ᐛ )وエイエイオー!

 

2、誤嚥しないためのトレーニング

 

こちらでは

✥ のどの筋肉を鍛える運動

✥ 気をつける動作

を合わせて5つ紹介していきます。

 

まずは運動から、どうぞ~

 

 2-1 のどの筋肉を鍛える3つの運動

 

コップの水をストローでブクブクする

 

コップやペットボトルの水を、できるだけ長く優しくストローで吹くというもの。

 

 

これは吹奏楽をやってる人は、のどの筋肉が鍛えられて誤嚥しにくいそうで、その応用なんだとか。

 

私も吹奏楽をやっていたので分かりますが、確かに相~~当鍛えられます(;´∀`)

肺活量も上がります!

 

なのでブクブク以外にも、縦笛、ピアニカ、ハーモニカ等の楽器を使うのも楽しくて良さそうですよね。

 

竹笛も下を向くのでいいかも♫

 

カコ
カコ

口笛も長~く吹けばいいトレーニングになりそう♫

 

この他にも、

これらも有効だそうです。

 

 

また、特に楽しそうに感じたのは

 

カラオケや合唱

 

歌う事~~!🎶

 

 

嚥下と発声はほぼ同じ筋肉を使っているので鍛えられるそうです。

高低差が多い曲がオススメですって🎤

 

鼻歌も良さそうですね、歌がお好きな方は是非~♫

 

カコ
カコ

毎日鼻歌と口笛でのどを鍛えるぞ~(笑)

 

 

続いてこんな変わった鍛え方が~

 

首上げ

 

 

 

※頸椎症など首の疾患、高血圧症の人は行ってはいけないそうです

 

母はできる範囲で好きなだけと言ってましたが、調べるとこれ

5~10回を2~3セット!うそ…

 

めっちゃキツくて10秒くらいが限界なのでそんなの無理っす~(;´・ω・)

 

なので私はいつもやってる腹筋でも良いかな~と感じたりしました。

5秒くらい静止します。

肩が浮いてるからあまりのどには効かないのかなぁ(~_~;)

 

「首上げ」も腹筋が鍛えられるようですから、テレビとか観ながら無理せず適度にやろうと思いました^^

 

 2-2 誤嚥防止の2つの動作

 

続いて、母が教わった中で特に気を付けている2つの動作です。

 

咀嚼しながら会話したり、笑ったりしない

 

これ基本ですね~

母はお喋りで早食い、せっかち、そしてすぐ笑うので、誤嚥しやすいのも頷けます…(;^ω^)

 

なので誰かと食事やお茶をするときは、

 

🍴 必ず飲み込んでしまってから話すこと

🍴 口に含む量を少なくして、ゆっくり食べること

 

これらを心がける様言われたそうです。

(相手のことも食べてる途中で笑わせたり、返答を急がせないよう気を配るべきかもしれませんね)

 

 

また、お水を飲む一口目は「のどのフタ」が準備できていないため、間に合わず誤嚥しやすいとのこと…!

 

 

そのため最初の一口目だけは、必ず一旦口に含んで、のどのフタが準備できてからゆっくり飲み込むと良いそうです。

 

 

年を重ねると二つの事が同時に出来なくなってくるので

噛む・飲み込む・話す作業もそれぞれに集中しなければならないんですね。

自分も気を付けなくちゃ💦

 

 

そして2つめの動作は、

 

飲みこむ時は必ずあごを引く

 

右のようにあごを引いて飲むと、誤嚥しにくくなるんだとか。

あごを上げて飲むと、のどが開いて危険なんだそうですよ、知りませんでした;

 

 

でも考えたらストローで飲む物や、温かい飲み物は下を向いたままでも飲み込めますもんね。

わざわざ顔を上げて飲む必要はないんだなぁと納得。

 

 

誤嚥しやすい方は、すする、吸うを徹底して

ペットボトルや缶ジュースも普段からストローを使う方が予防になるかも知れませんね。

 

 

また、薬を飲む時に上を向く人も気を付けた方が良いそうです。

そのままだと錠剤が飲み込めない方は細かく砕いたり、服薬ゼリーを使いましょう。

誤嚥が酷い方は、液体に少しトロミを付けるのも手だそう)

 

 

私も早速あごを引いて飲んでます(笑)☕

あごを引くと姿勢も良くなるし、顔の引き締め効果もあって良いですね(*^-^*)

スポンサーリンク

 

3、誤嚥性肺炎は実は寝てる時になりやすい

 

さて、起きている時の誤嚥予防ばかりを紹介してきましたが、

よくよく調べると、なんと!

 

誤嚥性肺炎のほとんどは睡眠中に起こるんだそうです!(゚Д゚;)ひえ~!

 

 

なぜ眠っている間に誤嚥してしまうのかというと、

 

🌙 睡眠時に口呼吸になる人は、ベロと上あごが密着しないため唾液が咽頭へ流れてしまう

 

🌙 睡眠時に鼻呼吸の人も、のどの筋肉が弱っていると唾液が気道に流れ込んでしまう

 

🌙 成人の半数以上は、眠っている間に唾液が気道に流れても咳込んだり、ムセたりする反応が出ない不顕性誤嚥とのこと

 

🌙 睡眠時無呼吸症候群の人は、呼吸の再開時に強く吸うため唾液を吸い込んでしまい、誤嚥を繰り返す

 

🌙 「胃食道逆流症」「逆流性食道炎」の人は、寝てる間に食べた物や胃酸が上がって来て、誤嚥する

 

などなど…

誤嚥要素がたくさん!!

 

実は私も咳込んで起きたことが何度かあるのです…💧

 

カコ
カコ

眠ってたら気を付けようがないし…どうしたらいいの~!

 

でも最近は全くなくなりました!

どうやらイビキ防止のために口にテープを貼って寝ているおかげのようです^^

 

私の場合は無呼吸症候群気味らしいので、呼吸の再開時にむせてたみたいですね…;

 

 対策法

 

❒ のどの筋肉が衰えている方は、口を開けても閉めても唾液で誤嚥してしまうので、のどを鍛えましょう。

 

❒ 不顕性誤嚥の場合は口腔ケアが特に大切で、口の中の細菌を減らすことで肺炎を防げるそう。

 

❒ 睡眠時無呼吸症候群の方は、マウステープや治療を行って下さい。

 

❒ 胃食道逆流症逆流性食道炎の方の誤嚥予防法はこちらです。

・ 食後すぐに横にならない(1~2時間あける)

・ 少し上体を高めに、15~20度ぐらいに傾けて寝る

・ 右向きに寝ないよう工夫する

・ 胃酸を抑えるくすりを飲む

・ 生活習慣の見直し(ダイエットや胸やけする食事を摂らないなど)

 

 

それにしても・・・

起きてるときはもちろん、睡眠時の誤嚥にも気を付けなくてはならないとは…

 

カコ
カコ

歳は取りたくないものですねー

 

 3-1 マウステープについて

 

長くなってますが最後に余談を💧

 

色々なマウステープを試しましたが、市販の物や医療用ホワイトテープだと唇に粘着剤が付くのがいやで、

貼ったら喋れないしクシャミができないのも不満でした(結構クシャミするので)

 

そこで私が落ち着いたのは絆創膏~(^▽^;)

 

 

絆創膏は安くて大量に入ってるのでコスパが良く、丈夫で剥がれにくい✨

剥がしたあとも皮膚がベタついたりかぶれたりしないので私には合ってるみたいです。

 

馴れるまでは一番小さいのを二本貼ったり、大きいのをクロスして貼り付けたりしてましたが、今は一本でも平気になりました(笑)

 

でも夫以外の人の前には出られません(;^ω^)

 

カコ
カコ

あ、これは特に参考にしなくていいですよ~

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、母は改善法を試したところ誤嚥がかなり減ったとの事で、よかったです(^ω^)

 

私も口笛やカラオケ、腹筋でのどを鍛え、あごを上げずに物を飲むようにして

これから気を付けて行きたいと思います~✨

健康対策
スポンサーリンク
管理人をフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事もおすすめ



カコの巣

お気軽に一言お願いします。 ※コメントは承認制となっております。