【乳がん検診】迷走神経反射とは?乳がんと乳腺症の違いについて

今回はマンモグラフィーのあとに具合が悪くなる迷走神経反射と、

乳がんと乳腺症の違いについてご紹介していきま~す。

スポンサーリンク

朝礼で倒れてしまうのもそう?迷走神経反射とは

私はいつもマンモグラフィーのあとに、軽いめまいのような車酔いのような具合悪さを感じるのですが・・・

似てるけど、これは貧血ではなく迷走神経反射というもの。

迷走・迷走神経反射(英:vagovagal reflex、独:parasympathischer Reflex)、もしくは単に迷走神経反射は、外界刺激が迷走神経の求心性線維により中枢に伝わり、遠心性線維が生命維持のために末梢各臓器もしくは効果器に防衛反応を形成する反射である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/迷走神経

難しくてよくわかりませんが、簡単に言うと

〝自律神経の副交感神経からなっている迷走神経が、体がヤバイぞ!って時に反応する”

ということです。(やっぱりわからん)

では絵で見てゆきましょう。

自律神経には交感神経副交感神経があります。


全然似てなくてすみません・・

緊張や痛み、ショック症状が起こると、交感神経が優位になり、

脳と体が「イエエエエエエエ―――イ!!!」とパニックに陥ります。

すると副交感神経は危険だと判断し、ヤツを無理やり鎮めにかかります。

ぎゅううううう・・・・ギリギリ・・・

サンシャ・・・いえ交感神経が、

池が・・・いえ副交感神経に押さえつけられることで、

上がりまくっていた心拍数や血圧がいきなり低下!

脳や内臓に血が足りなくなり、めまいや吐き気、失神状態が起こるという。

つまり、体の防御作用なのですね~

い、池・・・いえ、副交感神経さん、強い…

他にも迷走神経反射になると、こんな症状が。

~症状~

・顔面蒼白

・耳鳴り

・めまい、ふらつき

・目の前が真っ白になる

・吐き気

・冷や汗

・血圧低下

・心拍数低下

・失神

・けいれん

これって健康な人でも突然起こってしまう場合があるので注意が必要なのです。

下記を見て下さい。

~誘発される原因・出来事~

・人混み

・過度の緊張

・寝不足

・疲労感

・長時間立ちっぱなし

・恐怖感

・極寒や猛暑

・排便排尿

・強いストレス

・水分不足

・低血糖

・ミネラル不足

・飲酒

いつもフツーにやってることばかりですよね。

これでも起こる人には起こってしまうのです。

友人も用を足したあとめまいで倒れたと言ってましたが、貧血じゃなくコレだったとは…

ちなみに朝礼や集会で倒れたことがある人は、迷走神経反射だった可能性があるそうです。

みんなよけるので、前に倒れて前歯折った子がいたなぁ・・・

満員電車での貧血や吐き気もコレみたいですよ~!( ゚Д゚)ナニー

さらに、歯医者、採血、マッサージでも起こる人がいるってんだからビックリです。

私もマッサージ後にめっちゃ具合が悪くなったことがあって、怖かったです~

でもマンモの時のめまいと同じだったので、焦らずに済みました。

原因や症状は人によって全然違うらしいので、自分の特徴を憶えておかないとですね…💦

そこで急になっても不安にならないよう、対処法を調べてみましたよ。

次ページへ続きます