初めての大衆演劇にカルチャーショックを受ける/後編

日常マンガ

ショーのあともサービス満点

 

で、大広間を後にした私たち。

 

すると・・・

 

 

なんと!ついさっきまで舞っていた皆さんが、花道を作り

お客さんを見送りに出てきてるではありませんかああああ!

 

すっごーい

まさに会いに行けるアイドル・・・!

 

※ここでもおじいさんはいません

(おばあさんは受付みたいなとこにちょこんと座ってた)

 

 

でも待って!

と!!通れない・・・!!!!

 

私がたじろいでいると、

 

 

別に普通に話してみたらいいのに、変なとこがツンデレ?なわし。

 

すると義母を見失ってしまった…(自販機に行ったと思ったらいなかった)

 

あれ~?

夫と二人で探したのですが、私は

 

 

ほんとに怖いし困るんですよね…;どうしてあんなに怖いのか…

 

まぁ義母は先にお風呂に行ったんだろうということで

(ほんとに行ってたマイペースな義母。笑)

夫とひとまず椅子に座って、花道をチラ見しつつ感想を話しておりました。

 

 

突然隣から話かけられました。

見ると、

 

 

銭湯なのによく分からない出で立ちの初老の女性が…

 

 

多分、追っかけが過激すぎて出禁になったものの諦めきれず

変装してまで様子を見に来ているファンの方ではないかと想像・・・(笑)

 

 

こんな感じで、私の憧れの銭湯でのステージは幕を下ろしたのでありました。

 

いや~~すごい世界を観てしまいました~💦

まぁ一生に一度でも観ておけて良かったと思います・・・(笑)

 

まだご覧になられてないお方は是非、あの独特な世界をご堪能あ・そ・ば・せ♪

日常マンガ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事もおすすめ



カコの巣

お気軽に一言お願いします。 ※コメントは承認制となっております。