【マンガ】本当にあった海水浴場の怪談

今回はフォロワーさんにリクエストを頂けましたので、ちょっと涼しくなりそうな話を描いてみます^^

しかしタイトルほど怖い話でもなく、画力も追い付かないので

あまり期待せずにどうぞ(;^ω^)

(この手の話が苦手な方はお戻りくださいね。…おそらく大丈夫だと思いますが💦)

スポンサーリンク

手招きする人

夫は海育ちなので海にまつわる不思議な話が幾つかありまして、

これは夫が子供の頃に体験した話になります。

(絵が多いので重かったらごめんなさい><;

少しだけ待たれるとスムーズかもしれません)

それは・・・

みんな泳ぎが得意で、ひとしきり遊び、

一人は砂浜で休み、夫ともう一人は引き続き泳いでいたところ・・・

河には深くなってる部分があるので、そこに一緒に落ちたというのですが・・・何か妙なものを感じたと言います。

風も波もないのに、泳いでも泳いでも進まない不思議な状態だったそうです。

それでも何とか泳ぎきり・・・

夫が振り返ると防波堤には誰一人いなかったそうです。

そもそもテトラポットと防波堤の間には距離があるため、女性が飛び移るなど危険で考えられないとのこと。。。

あのとき、きっと何かが守ってくれたんだ、とも言ってます。

(しかし友達見捨てて逃げるこの子も薄情ですね^^;)

ちなみに夫のよく行ったこの海岸では、海の中にもテトラポットがびっしり敷かれていたそうですが・・・(波打ち際からかなり距離がある場所)

そのテトラポットの上に女の人が立っていると、頻繁に警察に通報があったそうです。

大騒ぎで警察が来るといつも誰もいない…というのが毎週のことだったとか。

それは夫の友達が見た女の人だったのでしょうか。。。

(;´∀`)このシリーズまた続くかもしれません(笑)

スポンサーリンク

フォローする