『ひろのば体操』と靴の選び方で腰痛・膝痛・肩こりが治る!

思ったより長くなってしまった腰痛・膝痛シリーズ五回目ですが、

(これまで~

①ぎっくり腰の治し方

②浮き指が腰痛・膝痛・肩こりの原因に

③『外反母趾・屈み足・扁平足…』様々な足指の変形

④【簡単チェック】腰痛・膝痛・肩こりの原因は足裏筋力が弱ってるせい!?

今回はゆがんだ足指を改善する体操や予防法を紹介して、まとめとさせて頂きます^^

スポンサーリンク

変形指を改善する体操

まずは変形指をサポーターやテーピングなしで治せるという「ひろのば体操」です。

こちらはTVや動画、あらゆるサイトでも紹介されている指を広げてのばす体操で、

痛くて歩けなかった人や膝の手術をすすめられた人が杖なしで歩けるようになったり、

考案された先生自身も重度の外反母趾と腰痛が治ったとのことです^^

ではさっそくやり方を見てみましょう。

 ひろのば体操

① 片方の足を太ももに乗せます

②足指の間に手の指を入れます

手の親指で足の親指を軽くおさえます。

③ 足指を甲の方へ反らします

④ 足指を足裏の方へ曲げます

こちらを一通り行ったら逆の足も同じようにして、両足で5分ほどでOKだそうです。

1人では難しい方は誰かに行ってもらってくださいね。

ひえ~たったこれだけを毎日5分程度やれば不調が改善できるなんてすごいですね!

こちらの動画でも詳しく注意点などを教えてくれてますので気になる方はどうぞ。

(ひろのば体操は他にも動画が沢山あります)

 足裏の筋力を鍛える体操

続いては、特に開帳足外反母趾に効果があるという屈伸運動です。

これを毎日10回ほどでいいそうです。

こちらは足裏の筋肉を鍛えることで、三点アーチの土台を固めていくのですね。

私はこれちょっと難しいですね~^^;

 足裏ストレッチ

こちらは以前浮き指の回でご紹介したストレッチでして

浮き指以外の変形指にも効果的だそうです。

 

 

足指を広げ、足裏の筋力をつけていくことが腰痛や膝痛解消に繋がるんですね。

次ページでは足指を使う歩き方をご紹介します^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事