【野鳥保護】小鳥(シジュウカラ)のヒナを保護することになったら

2017年もあとわずかですね~

そこで突然ですが

ラスボス感がすごいですね!

今回から(不定期になるかもしれませんが)

春に保護したシジュウカラの雛の話を書かせて頂きたいと思います。

7羽保護することになったのですが、なんとか短期間で4羽を巣立たせることができた記録です。

かなり長くなりそうですが、春頃までに書き終えられたらと!

大丈夫なのでしょうか。。。

スポンサーリンク

シジュウカラ(四十雀)とは

ところで皆さんシジュウカラってご存知でしょうか?

私は知りませんでした;

写真が相当下手で恐縮ですが、ちょっとばかし説明を…

シジュウカラ(四十雀)は、スズメ目シジュウカラ科の鳥で、スズメと同じくらいあちこちでよく見かけるポピュラーな鳥のようです。

羽根は黒く胸にネクタイの様な縦線が入っていて、このネクタイが太いとオス、細いとメスです。

短期間だったので段ボールハウスでした…

大きさはスズメより少し小さくて、主に虫を食べますが、ひまわりの種が大好物で果物も好きですね。(牛脂も食べるらしいです)

他の鳥との大きな違いは、えさを溜めておく「そのう」という袋が首にないことでして、

そのため一日300匹もの蛾の幼虫を食べると言われる大食漢なので、常に何かを食べていないと息絶えてしまうようです。

(これがのちのち重要になるのでちょっと頭の片隅に置いておいて頂ければと…)

しかも鳥の中でもかなりのお喋りで、40種類もの鳴き声を使い分けるといいます。

声がデカくてとにかくうるさいのです・・・(^▽^;)

そして容姿ですが、うちは子供だったのでこんなんでしたが、成鳥になると

ばんっ

キリリッ(眉毛生えてまんねん)

ばばんっ

キリリリッ

おおおお漆黒が眩しい・・・!

お腹の黄色や緑がかった背中が美しいっす~~~✨(*^_^*)

とてもうちで同じ鳥を育ててたとは思えません・・・;

すみません…;(画素数が違い過ぎる…)

このシジュウカラの雛のお話になります~。

どぞっ

保護は突然に

それは5月の中旬 ―――

私たちは旅行を計画していて、申し込みに行く直前のことでした・・

そおっと覗くと…

そこには!!

すると・・・

まだ目も開いてないのに、明るさで察知したんですかね~

あとで分かったのですが、

カイロは発熱時に酸素を多く消費するため使ってはいけなかったそうです><;

おおお・・・ごめんよ鳥ちゃん;;

雛を初めて見たのでドキドキが止まらず。。。

きっと一時的に預かったのだろうな~などと呑気に考えておりました。

そしてペットショップから帰宅した夫から、衝撃の事実を聞くのでした・・・

次ページへ続きます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事