【野鳥保護】①小鳥(シジュウカラ)のヒナを保護することになったら

雛は拾ってはいけません!!が・・・

それは夫がいつもジョギングや運動をする大きな公園でのこと。

何かあったのかな?と気になり、話を聞くと・・・

なんと、

勝手に巣を撤去して段ボールに雛を入れ、放置した人がいたのです!

一軒ずつ聞いて回った小学生、えらい!

でもそう簡単に飼えないのが現状で、大人達も頭を悩ませていました。

なんだか雲行きが怪しくなってきた・・・

※五月中旬なのでまだ夜は寒い時期です

考える間もなく口から

と、言ってしまったのでした…!!!

子供よ・・・

そして小さな紙袋に入れて連れ帰ってきたという夫・・・

(夫は鳥が特別好きなわけではないので正義感からですね;)

ここで事情がのみこめた私は・・

楽しみにしてたのにどうしてこうなるの・・・!!!!(# ゚Д゚)

でもまぁ3週間ならいいか・・・と。

鳥獣保護センターで引き取ってくれるかもしれないというし、そこまで深く考えていなかったのです…

こうして何を食べさせたらいいのかもよく分からぬまま、保護は始まってしまったのでした~

鳥獣保護法

ところでご存知の方も多いと思いますが、野鳥の雛は拾ってはいけないことになっています。

勝手に捕まえたり、飼ったり、飛べるのに保護してたりすると、

鳥獣保護法違反により罰せられるのです。

画像引用:日本野鳥の会

↑こちらの場合は巣立ちで飛ぶ練習をしている雛を勘違いして拾ってしまい、保護センターや動物病院へ持ち込む人が非常に多かったため

巣立ち雛を「勘違いで保護するのはやめて」という意味なんだそう。

「地面に落ちた雛」には、

・「巣から落ちた」

・ 「巣立ちで飛ぶ練習中」

と2通りあるらしく、

巣から落ちてしまった雛は戻す巣を間違えずに返してあげると良いそうです。

(その場合は親鳥が警戒しないよう、親鳥が留守のときに)

ただ、雛が病気で他の雛にうつる可能性がある場合などは、親鳥がわざと巣の外へ落としてしまう事もあるんだとか。

見極めや判断が難しいですね;

ケガをしている場合

各所在地の管轄区にある環境管理事務所に連絡すると

指定の動物病院を案内してくれるそうです。

種類によっては申請することで

飼育が許可されるそうなので

(シジュウカラはダメですが)

詳しくは環境管理事務所へご確認を。

しかしくれぐれも可愛いからといって持ち帰ったりはしないように!とのこと。

そして、もし巣から落ちたのではないかと思われる雛がいたら、野生鳥獣保護窓口へ連絡しましょう^^

うちも電話してみました。

スポンサーリンク

うちも電話してみた

週末だったこともあり、うちは三日後に

環境局の鳥獣保護管理担当に電話をしました。

その時の様子です。

↑  最初はずっとスズメだと思ってたんですよねぇ…;

ないんだ・・・

(友人もスズメを拾ってあちこちに電話したら同じ対応をうけたそう。むむむ)

ってことは三週間、何が何でも頑張らないと…!

しかしこれ三日後ですが二人とも保護疲れでゲッソリです;

雛の世話がこんなに大変だとは夢にも思わず、親鳥の凄さをとことん思い知りました。

その様子は次回から描いて行きます~

続きます!!

(次はもっといい写真を載せます^^;)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事