中性脂肪は低いのにLDL(悪玉)コレステロール値が高い原因と改善法

4、軽い運動~有酸素運動について

私はずっと体力がなく虚弱体質だと思ってたんですが、単なる中性脂肪とコレステロールのアンバランスが原因で疲れやすい体質だったんですね;

分かってなんだか安心しました。

こういう体質の場合、これらの軽い運動から始めるのが良いそうです。

 ラジオ体操

 モップがけや窓拭きなどの全身を使うような家事

 踏み台昇降(50~100回)

☞ スクワット(1日15~20回を3セット、2~3日空けて行うこと)

☞ ヨガ(週に2~3回、各30分~1時間ほど)

これならできますね~

さらに、

痩せてるけど中性脂肪やコレステロールは高い

体重が減ったのに体脂肪が増えた

という方も有酸素運動より、下半身の筋肉を鍛えるスクワットなどで筋肉量を増やすのが良いそう。

そこでさっそく・・・

※実際は足を着けた状態です。膝に負担がかからず下半身が鍛えられていいので~

(めまい持ちの人はやめた方がいいかも?)

大きいのは転倒するととても危険だし邪魔なので小さいのに替えました。あとイボがやっぱり痛くて…^^;

カコの失敗 『バランスボールを買う』
これ立ち上がる度にクッションが落ちてしまうのが悩みです。 机に寄りたくて微調整したいときは、持ち上げてズラせないので前...

さて、軽めの運動に馴れてきたら、こちらの‟おススメ有酸素運動”を少しずつ増やしていきましょう~

 ウオーキング

 水泳

 水中歩行

☞ サイクリング

 エアロビクス

☞ ジョギング

※いずれも30~1時間が理想ですが無理をしないように。。。

有酸素運動は20分以上の継続でより高い効果が得られるといいますが、

体力的に難しい方は10分ずつを3回行い30分でもOKです。

いきなり長時間マラソンや登山などは危険ですので、少しずつ体力をつけ、食事でコレステロール値を下げて体質改善して行きましょう♪

私も毎日ウォーキング欠かしてません。

運動は3日サボるとリセットされるそうですから、毎日が無理でも1~2日置きには体を動かすようにしたいですね^^

スポンサーリンク

5、LH比と総コレステロール値

すぐこう思うのが私の悪い癖・・・

そう、中性脂肪とコレステロールだけではなく、この二つの値を知っておかなければなりません!

 5-1 LH比とは

LDL(悪玉)コレステロールと、HDL(善玉)コレステロールの比率のことで、

二つのバランスがとても大事だといいます。

LH比 = LDL(悪玉)コレステロール ÷ HDL(善玉)コレステロール 

LH比が

◆ 1.5以下・・・理想的

※持病のない人は2.0以下なら問題なしです

◆ 2.0以上・・・動脈硬化のリスク、早期改善が必須

◆ 2.5以上・・・心筋梗塞のリスク、深刻な状態に

 5-2 総コレステロール値とは

脂質代謝の異常を知ることができる大切な指標だそうです。

こちらのサイトで数字を打ち込むだけで計算してくれます。

総コレステロール値が

◆ 240mg/dL以上になると早期改善が必須

◆ 270mg/dL以上だと、投薬療法

さて、私はどうかな~と、計算してみたところ…

※正常値 2.0以下

※正常値 240 ㎎/dl

ぎゃ~!!ギリギリだけどイエローカード?!💨これは今のうちに下げないと~!

(病院では特に言われませんでしたが、気を付けなくては~)

というわけで、次回は「食事編」を書かせて頂きます~。

「中性脂肪低めでLDL高い人」の場合、よく言われてるコレステロール値を下げる食事療法とはまた少し違う様なのでこれまた苦労しました…;;

食事で頑張ってコレステロール減らしましょう!

次回へ続くーシュシュッ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事