【ダイエット】太る、老ける、病気になる原因は「糖化」だった!

前回のつづきになります(前回→瘦せるホルモンを出す簡単な方法

今回は糖化をはじめ、ダイエットで避けたい食品を紹介させて頂きます^^

スポンサーリンク

太る、老ける、病気になる「糖化」

「糖化」という言葉ですが、みなさん耳にしたことはありますか?

これは細胞が老化することでして、調べるとこれが痩せない原因だと分かりました!

糖化の起こり方

糖化は二通りの過程で起こります。

一つ目は、老化原因物質「AGEs」を摂ることによる糖化です。

食品には元々AGEsという強い毒性を持つ老化物質が含まれていて、

中でも肉の含有度が最も多いそうです。

肉ばかり食べると老けやすいのだろうか~;

下記は含有度が少ないもので、野菜や果物にはほとんどありません。

そして注意しなければならないのは、調理法。

特に、揚げ物やローストした物がガツンと増えますし、

食品では動物性脂肪食品(ラード、バター、ロース肉、チーズ、卵)が増えやすいようです。

例えば目玉焼きのAGE値は2,749。

オムレツが223、スクランブルエッグは173。

同じ卵料理でも調理法でこんなに違います。

7%といっても毎食毎日各食品からですから、相当溜まるはず。

ちなみに、たばこの煙もAGEsを増加させるため、喫煙してる人はプラス5歳

見た目も体内も老けているといいます。

私達は日々糖化(細胞が老化)から逃れられずに生きているのですね^^;

さて二つ目に行きましょう

② 糖質過多アルコール摂取により体内で起こる糖化です。

血糖値が上がるとブドウ糖は、インスリンというホルモンによりエネルギーに変換されます。

 

その後グリコーゲンになり、残りは脂肪になるとお伝えしました。

しかし脂肪が最終過程ではなく、ここで余ってしまったブドウ糖は次の過程へと進むのです…

なんつーことしてくれるんじゃ~!(゚Д゚;)

これが体内で糖化するということです。

そしてアルコールも同じで、お酒を飲んだあと代謝の過程で

毒性のある「アセトアルデヒド」という物質ができるのですが

やつら、こんな悪さしてたんか!!(゚Д゚;)

※このとき大量の活性酸素(体のサビ。これも老化原因物質)が発生するそうですから、相当細胞や組織は傷つけられているんですね。

糖質が原因の糖化反応の場合、この状態が続くと糖尿病になったり、糖尿病の合併症と同じように組織が変質してしまうそうです。

そういえば糖尿病や糖尿病予備軍の人は糖化が起こりやすいため、太りやすくて見た目も老けているといいます・・・

(うちの夫も老けて見られるし昔から若白髪があったのはそのせい?;)

糖化の代償

このように糖化を起こすことでどんどん「細胞が老化」していくため

老化現象により代謝が落ちて痩せにくくなり、太ってしまうというわけなのです。

ん?

‟老化現象により代謝が落ちて太ってしまう・・・”

お?

これすなわち、

ひええええええ~!((((;゚Д゚))))

糖化で太るのは「老化現象」による中年太りということなんですねー!ショック!

しかも老化するということは、当然疾患リスクも上がります!

糖尿病、動脈硬化、骨粗しょう症、変形性関節症、がん、白内障、アルツハイマー、神経変性疾患、心臓病などになる確率がかなりアップするとのこと~!

きゃー‼(@_@。

これらを回避するためには一体どうしたらいいの~!!!

次ページへ続きます

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事