中性脂肪が低くLDL(悪玉)コレステロールが高い人の食事療法

3、生らっきょうは水溶性食物繊維の王様

ところで、コレステロールを下げる食品の中でも特におすすめなのは生らっきょうです。

生らっきょうには、悪玉コレステロールの吸収を妨げ、便と一緒に排出してくれる水溶性食物繊維がダントツで多く、

ゴボウの4倍、キャベツの50倍の食物繊維で、ビタミンB、C、Eも豊富!

コレステロールを下げるのにピッタリな食品なんですね^^

しかも毎日食べることで

ガン予防、疲労回復、糖尿病予防、便秘改善、不眠症改善・・・

と、あらゆる効果があるという!

畑の薬と言われるほど優秀な食べ物だったのです✨知らんかった!

■ 食べるのは一日3~4粒が目安

■ 焼いたり炒めたりする事で水溶性食物繊維がかなり多く摂れます

■ 煮込む場合はらっきょうの栄養素がスープに半分以上流れ出るので、スープごと頂く

■ 甘酢漬けの場合も食物繊維や栄養は漬け汁に流れるため、漬け汁も一緒に摂ること(大さじ1くらい)

※漬け汁は直接飲まず、水で割ったり酢の物やドレッシングに。

お酢は悪玉コレステロール値を下げるので、甘酢漬けは一石二鳥~

(糖質を気にされる方、食べるのは少量なのでそれほど問題ないそうです)

うちでも毎日食べてます^^

エシャロットも生らっきょうに比べると食物繊維は半分に減りますが、水溶性食物繊維が豊富で栄養があります!

生らっきょうがない時はエシャロットもいいですねぇ^^

4、サプリや健康食品を

魚ばかりでは飽きてしまったり、栄養素がどうしても足りなくなるので

特保の商品やサプリメントも併用すると良いそうです。

・セサミン

・青汁

・ヘルシア

・プロポリス

・タウリン

・チアシード

・DHAとEPAのサプリ

(DHAとEPAを合わせて1000㎎摂るのが一日の理想摂取量)

・ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEのサプリ

などなど・・・

うちは青汁とサプリ飲んでますが、ヘルシアやチアシードも買おうかな♫

スポンサーリンク

5、お肉は食べても大丈夫

さて「食べるべき食品」は以上になりますが

お肉食べられないの?とガッカリされた方も多いと思います。

でも食べても大丈夫!

というか、食べないと筋肉がなくなるし貧血になるのでお肉は必要なのです。

ただコレステロールを上げやすいので、量や種類など色々注意点が。。。

その点は次回詳しく書きますね。

そして今回ご紹介した

「中性脂肪を正常に押し上げ、コレステロールを下げるための食品」

ですが、私はこうやってなんとか憶えました( ̄▽ ̄;)

おかず

 タンパク質・・・青魚、魚介類、大豆、卵

 野菜・・・らっきょう、ほうれん草、ブロッコリー、きゃべつ他

 海藻&きのこ(味噌汁にする)

ごはん

 米、麺、粉もの

おやつ

 果   物・・・バナナ、りんご他

 乳 製 品・・・牛乳、ヨーグルト

 芋、シリアル、ドライフルーツ、ナッツ

★ コーヒー、麦茶

ここにたまに肉が入るカンジですね。

分かりにくいかしら・・・(^▽^;)

野菜や果物はこれ以外にも食べたいものを食べてますが、この表を頭に入れてから買い物がとても楽になりました。

慣れるまでが大変ですが・・・💦

以上、

「必須栄養素とコレステロールを下げる食品」

について、でした。

次回は「コレステロールを上げる食品」と「避けるべき食品」、

お肉の食べられる量やスイーツについてもご紹介します^^

スイーツも結構食べられますよ!

興味のある方は引き続きお付き合い下さい~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事