【マンガ】スーパー糖質制限やってみた!(後編)効果的ダイエット法を発見!

スーパー糖質制限のつづき

前回はスーパー糖質制限・初日の様子を描きましたので(前回→スーパー糖質制限・前編

今回はその続きと、失敗から得た「体質によってダイエット法が違う」という発見について

描かせていただこうと思います!( ^ω^ )

スポンサーリンク

スーパー糖質制限 二日目

二日目もやはりヘロヘロ・・・またもや飢餓状態。

我慢できずお菓子を食べてしまい、何のための糖質制限か!と;

夫は体調いいと言ってましたが便秘が更にひどくなり…;

調べたらこのヘロヘロを補うためにはカロリーを増やし、便秘解消には脂質を摂れとのこと。。。なので

満足満足!

でも甘いもの欲求がまったく改善されず…!元々そんなに欲しくないのに無性に食べたい!

スーパー糖質制限 三日目・・・

そしてまた朝食後に空腹と闘っていると、酷い偏頭痛に襲われました~~!!

どーーして!

この10年ほどは年に一回くらいしか偏頭痛にならなかったのに…!

そこでまたスポーツドリンクです;(偏頭痛の発作の時点でスポドリを飲むと頭痛が治まるので)

うおおお何の為の糖質制限か!

もーやめた!!偏頭痛になる方が私には死活問題!

せっかく治ってた偏頭痛が立て続けっておかしいでしょ!

かくして私のスーパー糖質制限は、たった3日で幕を閉じたのでありました…ぺぺんっ

(はやっ)

いえこれは私の場合、糖質カットすると低血糖になり偏頭痛が起こる体質だったからなのです;

参考にした「スーパー糖質制限」の本の著者が言うには

「人間は低血糖にならないよう膵臓からホルモンが出るから大丈夫」とのことで信じてしまいました。なにー!

そしてあとあと分かったのは、

生理前や成長期、更年期の女性は低血糖になり易いのでダイエットやスーパー糖質制限はやってはいけないということでした…;orz

(私はこのとき生理前)

とほほー

…とはいえ、どうして私は低血糖を防ぐホルモンが弱いのか?
そこがとても気になり色々調べてみたところ、人には二種類の体質があることを発見したのです!

これがとても面白い内容だったので描かせていただきますね~

スポンサーリンク

AタイプとBタイプ

その二種類の体質とは

・糖質を脂肪に変えて溜めておける人(Aタイプ)

・糖質を脂肪に変えづらく溜めておけない人(Bタイプ)

それぞれ正反対の体質なのですが、少し細かく見てみると・・・

Aタイプは栄養を備蓄しエネルギーを作り出せる体(太り易い体質)

Bタイプはエネルギーが作り出せず栄養が欠乏してる体(太れない体質)

そうか~だから私はすぐに低血糖になってしまったんだなぁ。

お腹すくとイライラしますしね。

この体質は性格にも影響しているようでして、

豊富な栄養を蓄えてるAタイプ精神的にも肉体的にも安定しているのに対し、

Bタイプは常に栄養が欠乏してるので、精神的にも肉体的にも不安定になりやすく、糖質依存もしやすいようです。なんてこった!

太ってる人が穏やかなのはAタイプだからなのかしら~?

さらに面白いのは、この両タイプが長期的に白砂糖を多量摂取していると

Aタイプは糖尿病に、Bタイプは低血糖症になりやすいんだそう!そこまで真逆とは…!

※低血糖症(ていけっとうしょう)(hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる疾患である。さまざまな精神的・肉体的不調が引き起こされることがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/低血糖症

どちらもすい臓の機能低下により、血糖値を安定させるホルモンが狂ってしまうわけですが、

Aタイプが糖尿になる仕組みはこちらをどうぞ→遺伝じゃなくてもなってしまう糖尿病の恐ろしさ

Bタイプが低血糖症になる主な仕組みは、

消化吸収能力が弱いので、タンパク質やビタミン・ミネラルなどのあらゆる栄養素の吸収が良くないのですが、

なぜか糖分だけはすんなり吸収できるため、胃腸の負担にならない糖分多めの食事に偏ってしまうからだそう。私もそうでした。

量があまり食べられないとはいえ、お腹が空くと甘い物ばかり何度も何度も食べるために、すい臓が疲弊し、

血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが異常に出すぎてしまったり、「グルカゴン」が働かなくなったりで、低血糖症になってしまうのだとか。。。あなおそろしや(>_<)

低血糖症にならないためには、高タンパク・低糖質な食事がよいそうですよ(笑)

ビタミンやミネラル摂取を心がけ、お酒の飲み過ぎやタバコやカフェインの過剰摂取、ストレスは勿論いけません。ま、何でもそうですけどね。

そしてこんなに真逆な体質だと、ダイエット法も違うという驚きの発見がありました!

次ページへ続きます。

コメント

  1. @ARCADIA1969LINE より:

    我輩はAタイプですのぉ~

    • 管理人 管理人 より:

      ありがとうございます~!そっか、アルカディア兄さんは夫と同じ-20kg超えのダイエッターですもんね✨健康体で羨ましい~
      でも油物(カレーパンとか)に弱くなかったですっけ?単にそういうお年頃なのでしょうか(こらっ)

  2. @meringong より:

    またまたまた力作!!あとで又じっくり読ませて頂きますm(*_ _)m 完全Aタイプですわ~私(笑)食べなくてもおなか減らないし、太りやすい…(´πωπ`*)カコさん羨ましいけど、偏頭痛は辛すぎますね。。

    • 管理人 管理人 より:

      わーありがとうございます~!あああ、全然お暇な時でいいですよるるさんAタイプなのですね!いいなー✨健康で元気で奥さんには最適ですよ~私なんて持病のデパートで自分でも嫌になる華奢でも痩せてる訳でもなく取柄のない体質ですから健康になる方法をみつけたいですw

      • @meringong より:

        分析がほんと素晴らしい✨バイブルですよ~(〃艸〃)
        いや…私はおでぶなAタイプのくせに、持病持ちで虚弱なのです~ガンガン運動もしたいのですが、それも出来ず…お互い健康になりたいものですねー(笑)

        • 管理人 管理人 より:

          ぎゃ!そんなバイブルなどとんでもございません~
          ええ!持病持ちで虚弱!そうだったのですか、働き者のイメージなのでそうとはつゆ知らずどうぞお体ご自愛くださいね♨
          ということはお互い現状維持に努めるという形ですね✨ストレス溜めずにゆるりと過ごしましょ~ね

          • @meringong より:

            働き者!^^めっちゃぐーたらですよ〜(^◇^;)
            ブログに体調のカテゴリがある位、いつも具合悪い言ってます〜(笑)でも、頑張って運動して痩せたい✨

  3. @ballet666 より:

    典型的なBタイプです。

    • 管理人 管理人 より:

      見て下さりありがとうございます~!わー私と同じですね!!親近感~!ヽ(^o^)丿✨